浄土真宗 東京ビハーラ

蓮の花
東京ビハーラのおもい

浄土真宗では、みな仏になる身であり、いのちが終わっても限りない光と智慧の世界=浄土=でまた会える(倶会一処)と説きます。

わたしたち東京ビハーラは、それぞれが自身の”いのちを思い、死の苦しみから解かれる”ことに向き合います。

また、往生していく同朋から、”死で終わらないいのちのつながり”をまなびます。32年余り続く「がん患者・家族語らいの会」はその中心的な活動です。

ビハーラとは、ホスピスにかわる仏教語で「くつろぎ」「お寺」などの意味です。

お知らせ

2021年7月23日
8月の「がん患者・家族語らいの会」オンライン講座のお知らせ
2021年6月25日
7月10日 がん患者・家族語らいの会オンライン講座 ご案内
2021年5月30日
2021年6月12日(土)第13回がん患者・家族語らいの会オンライン講演会の案内

2021612日(土)第13回がん患者・家族語らいの会オンライン講演会の案内

講師紹介:片山 麻子氏(がんの子どもを守る会 医療ソーシャルワーカー)

小児がんは医学の進歩によって「不治の病」から治る病気」になりつつあります。しかし、小児がん患者とその家族はさまざまな問題を抱えているのが現状です。がんの子どもを守る会は、患児家族が直面している困難・悩みを少しでも軽減すべく、多くの方々の支援のもとに活動している団体です。

~小児がんの情報・相談~

がんの子どもを守る会では、病気や療養生活のご相談をお受けし、必要なサポートや情報提供をしています。

■がんの子どもを守る会ホームページ  http://www.ccaj-found.or.jp/about/

講題 「小児がん患児・家族と共に」  講師 片山 麻子氏

第13回オンライン講演会にご参加をご希望される方は、下記をご参照の上、お申込みをお願い致します。参加方法:参加を希望する方は、① 氏名 ② 携帯電話番号 ③ お持ちの(パソコン、タブレット、スマホ等④講演会参加のきっかけ)について入力の上、下記のアドレスまでご返信下さい。

※すでに一度ご参加された方は参加希望とのみお書きください。参加費 : 無料

連絡先・問い合わせ先:東京ビハーラ運営委員会 urara.ota@gmail.com 担当太田

参加締切日:2021610()

612日(土)講演会のタイムスケジュール】

時 間 内   容
13:301400

30分)

Zoomミーティングの参加手続き

(前日にIDとパスワードを送付)

20分前に参加手続きをお済ませください。

14:001415

15分)

講演会開催のことば

合掌礼拝 ~歌「やさしさにであったら」~

講師プロフィール紹介~講演会の説明

14:151515

45分)

15分)

第一部 講題「小児がん患児・家族と共に」

講師片山 麻子氏 Zoomライブ講演

質疑応答(司会付き)

15:151520

5分)

休憩※講演会のみご参加の方は休憩中にご自由に退出されてください。
15:201625

65分)

第二部 自己紹介、話し合い ※ご自分の苦しみ・悩みをお聞かせください(任意)。
16:251630

5分)

次回710日(土)講演会 講題 「がん患者家族、遺族の悲嘆について-心理士として、当事者としてー 」

講師 武蔵野大学 臨床心理士 大岡友子氏(遺族・医療関係者)

 

電話相談

お一人で苦しみ悩んでおられましたら、お電話ください。
悲しく辛いことがおありでしたら、お電話ください。
憤りをお持ちでしたら、お電話ください。
あなたの声を聴聞させてください。
でも、1回最長50分間ね。
また、あらためてお電話ください。

総勢25名のスタッフが日替わりで聴聞させていただきます。
あなたの苦しみ、悲しみ、喜びを共有できたらと思うのです。


毎週月曜日~金曜日(祝日除く) 午後2時~午後5時
電話 03-5565-3418(FAX同)

刊行物

書籍『今を生きる僧侶の言葉』1300円+税
築地本願寺&東京ビハーラ編

会報「ビハーラ」年1回発行

「がん患者・家族語らいの会通信」毎月発行