HOME > 活動内容 > あそか園
 
 
 
◎あそか園におけるビハーラの活動

東京ビハーラでは特別養護老人ホームあそか園で以下の活動をおこなっています。

★ 法話会
毎月第四水曜日午後四時より法話会をおこなっています。
(但し3月・7月・9月はお彼岸・お盆のためお休みします。)次第は以下の通りです。

・勤行・十二礼(礼拝のうた)
・法話
・佛教讃歌

全体で小一時間ほどですが、入園者は車イスの方が多数で、移動に時間が掛かった場合、開始時間が遅れますので、短くなる時があります。
 勤行は、聖典(お経本)を用意してありますが、模造紙に大きく書かれた十二礼を読まれる方がほとんどです。なかにはリズムに合わせて手拍子を入れる方もいらっしゃいます。
 法話は、真宗門徒でない方が殆んどですので、仏教説話など分かりやすい例話を交えてお話します。
 佛教讃歌は三年ほど『旅ゆく親鸞』を歌っています。
マンネリになっていますが馴染まれた歌を変えるべきか悩んでいます。


☆ 居室訪問
毎週水曜日に活動に参加している会員で都合のついた者が訪問しています。したがって誰も訪問できない週もあれば、複数の会員が訪問する週もあります。
 訪問の目的は、会話をする、入園者の方の話を聞かせていただくことです。
たいがいは世間話や身の上話ですが、その方の生涯を聞いていくことは、話す方には自らの生涯を振り返ることになり、聞く方には人生とは何かを考える糧となります。
 また、訪問を重ねることにより、時折人生の悩みや死への恐怖といった、話を語り合う機会に恵まれます。
 
 
 
  HOME > 活動内容 > あそか園